【iPhone or Android】どちらのスマートフォンを選ぶべきなのか

スマートフォン創成期

スマートフォンがある生活が当たり前になってしまった現在では、スマートフォンが無かった時代の生活にはもう戻れないのかも知れません。それくらいスマートフォンは、わたし達の生活になくてはならない物になっています。そもそも、スマートフォンがわたし達の生活に寄り添うようになったのは、初代iPhoneが発売されてから数年が経ったあとの事でした。

iPhoneが発売された当初は、日本国内においてガラケー全盛期となっていましたし、スマートフォンの質も現在と比べて非常に稚拙な物でありました。また、使い勝手も今ほど優れていなかったため、一部のガジェット好きのマニアがガラケーとは別に所有するような物でした。発売当初は、スマートフォン市場では、ブラックベリーであったり、NOKIAなどのいわゆるPDAに携帯電話が追加されたような機種が多くなっており、一般的な仕様ではありませんでした。

スマートフォンが一般的に使われるようになったのは、第五世代のiPhone 4Sからだと言われています。それまでiPhoneは、ソフトバンクが独占していましたが、このiPhone 4Sからauでも取り扱いが始まりました。iPadやiPodなどのApple製品がすでに浸透している事もあり、iPhoneがオシャレで便利なガジェットとして日本国内に広く浸透していました。そういった土壌もあったために、iPhone 4S以降のiPhoneシリーズは、常に多くの方が買い求めるようになりました。